ニンニクはお好きですか?

 

ニンニクが含有する成分アリシンについての解説

 

アリシンはニンニクやたまねぎの効果効能の中心となる成分でイオウ化合物のひとつですが、ニンニクにはアリシンそのものは含まれてはいません。ニンニクに含まれている成分はアリシンの素になるアリインと言う成分で、このアリインは無臭で抗酸化作用があります。ニンニクを切ったり、すりおろしたりすることでアリインを含んでいる細胞が壊れ、それによってニンニクに含まれているアリナーゼと言う酵素と反応することによって、アリシンに変化します。

 

ニンニクや玉ねぎなどの独特の臭いや辛みなどはアリシンによって起こります。アリシンには強い抗菌、殺菌効果があり、体内に侵入してくる細菌などをやっつけてくれるほか病気への免疫力を高める効果があります。またその他もニンニクやたまねぎに期待される効果効能と同じように、血液をさらさらにする効果、血栓の予防効果、血液中の脂質を晴らす効果、抗酸化作用、高血圧降下作用、解毒作用、抗ガン作用、たんぱく質の分解を促進する効果などがあり、動脈硬化や糖尿病、高血圧と言った生活習慣病の予防や改善にも効果があるとされています。

 

またビタミンB1 と一緒に摂取すると相乗効果で新陳代謝を活発化させることができるため疲労回復効果があり、代謝がアップすることによって風邪などの予防や不眠の改善、冷え性の改善などにも効果があります。ニンニクやたまねぎをすりおろしたりして摂取することでアリシンを摂取することができることはできますが、水に溶けてしまいやすい成分で熱にも弱い性質があるため生で摂取するのが良いのですが、それでは十分な量を摂取することは難しいため効率的に摂取するにはサプリメントなどを利用するのが良いです。アリシンが摂取できるサプリメントとしてはニンニクサプリがおすすめで、選び方としてはできれば国産ニンニクを使われている方が栄養価も高く安全性も高いです。臭いが抑えられているものや、自分が飲みやすい形状のものを選ぶことで継続して摂取しやすくなります。