テアニンの効能は?

 

サプリメントの様々な成分が持つ効能を調査

 

お茶やいろいろな食品に含まれている成分の中でも、特に心に効く成分として人気があるのがテアニンです。

 

これは一般的には健康的食品の中でもメンタル系、精神的なストレスなどに効果があるとされており、最近ではサプリメント等にも配合されています。リラックスの素、などという言葉もあるようですよ。

 

テアニンの効果ですが、精神をほっとさせリラックスさせる効果があると言われています。例えば誰でもお茶を飲んでホッとしたことがあるでしょうが、これはテアニンが持つ効果があるのです。緑茶は特にテアニンが含まれる成分として非常に優秀であり、多くの成分が含まれています。このため、精神的にストレスが大きい人、元から不安が大きい人などが心をほっとさせるためにとても効果が高い成分となっているのです。

 

また、リラックスだけではなく安眠に誘う効果もあります。いろいろと考えて眠れない人でも、テアニンを飲むことでしっかりと心が落ち着いて、ホッとした状態でリラックスして眠りにつくこともできるようですね。精神的に不安定な人などにとっても、テアニンの効果は高いようです。

 

また、集中力を高める効果もあるとされています。これは特に何か集中して作業を行う必要がある人にとっては、とても嬉しいものでしょう。
心について効くということですが、同様に体にも効果があります。

 

その一つが冷え性です。冷え性は体に対して負担がかかり、老廃物が体にたまる原因でもあります。テアニンをとった人は冷え性が改善されたという話はとても多く、体に対しても効果が高いとされています。比較的体調がよく、いつも元気で過ごしたいのなら摂取したい成分でしょう。

 

また、高血圧が改善されたという効果もあるようです。血圧が気になる人にとってはとても優れた成分となっているようですね。
心にも体にも効果があるのがテアニンの嬉しいところです。緑茶やサプリメントとしてなど、手軽に摂取できるのも嬉しいところでしょう。

ケフィアもヨーグルトも発酵食品です。

 

サプリメントの様々な成分が持つ効能を調査

 

この二つの違いは発酵を促す菌の違いにあります。ヨーグルトは牛乳を数種の乳酸菌だけで単独発酵をさせたものです。一方、ケフィアは牛乳を乳酸菌と酵母の両者で共生発酵させたものです。含まれる乳酸菌は腸内で善玉菌のエサになることにより善玉菌の働きを促します。また、酵母は発酵の過程でアミノ酸やビタミンを生成します。つまり、ケフィアにはヨーグルトには含まれないアミノ酸やビタミンなどの栄養素が豊富に含まれています。そしてヨーグルトは砂糖を加えて食べることが多いですが、ケフィアはスープやパンケーキなど食事の材料に加えて食べることが多い食品です。そんなケフィアは小さなお子さんから高齢の方まで幅広い方々に食べていただくことができます。ヨーグルトの酸味が苦手という方にも食事に取り入れたケフィアなら食べられるという方がいます。


ヨーグルトとは似て非なるもの?!「ケフィア」も参考にどうぞ。

また、美容を気にする方々からもケフィアは注目されています。この食品には乳酸菌だけでなく、美容に必要なビタミンB2、B6、葉酸、ビタミンA、カルシウムなどが含まれています。そのため、ダイエット中でも必要な栄養素が補えることから、ダイエットに使う方もいます。食事前に飲んだり食べたりすることで、お腹にたまるので自然と食事量を抑えることもできます。そして食べたり飲んだりするだけでなく、パックやクリームとして使うこともできます。すると、肌は潤いのある色白になります。

 

このようにケフィアは幅広い方々に取り入れやすい食事ですが、特に美容やダイエットを気にする方にオススメの食品です。食べることで腸内も綺麗にしつつ、栄養も豊富に補える食品です。取り入れ方も様々な食事に加えるだけなので、簡単です。ダイエットとなると栄養が不足しがちになりますが、この食品なら安心です。身体の中からも外からも綺麗になることを手助けしてくれる食品です。また、これらの栄養素は妊婦さんにも必要なものが多く、つわりで食事が難しい方にはサプリでの摂取がオススメの食品です。

カテキンについて

 

サプリメントの様々な成分が持つ効能を調査

 

最近、カテキンは健康食品として広く知られるようになってきましたが、日本人は日本茶を通して知らずのうちに摂取していました。日本茶は昔から健康によいことは知られていましたが、その理由の一つにカテキンの効果があったのです。

 

このカテキンが最初に発見されたのは、約190年前スイスの科学者がアカシヤ・カチューの樹木から抽出しカテキンとなずけたとされています。1900年代に入り日本人の研究者がお茶からの抽出に成功し、お茶と健康と関連について科学的な研究が活発に行われるようになりました。

 

カテキンは、、ポリフェノールの一種で独特の苦渋成分の元となっている物質です。ポリフェノールといえば赤ワインを思い浮かべる方も多いと思いますが、赤ワインと日本茶の苦渋がどこか似ているのもここからきているのです。カテキンの効能といえば、ダイエット効果つまり体に脂肪を溜め込むことを抑えることがある事で有名ですが、実はほかにもがん予防、血糖値の上昇を下げる効果、コレステロールを下げる効果、アレルギーを抑える効果、アトピーや花粉症対策、二日酔い防止効果などなどさまざまな効果があることが知られています。

 

これらの効用は、ほとんどの場合、お茶をよく摂取する人は、がんが抑制されやすいとか、血糖値やコレステロールが抑えらるとか、アトピーやアレルギーも抑えられるなどこれまでの経験からなんとなく知られていましたが、現在ではそれが科学的に証明されつつあります。また、近年では虫歯予防や抗菌作用があることなども分かってきており幅広い分野でカテキン効果が実証されつつあります。

 

これだけ健康によい効果があるのでたくさん摂取して早く効果を出したいと思うかもしれませんが、大量に摂取したからといって効果や効き目が強くなるということはありません。

 

過剰摂取による副作用はほとんどないといわれていますが、サプリメントなどの過剰に濃縮してあるものについては定められた摂取量以上にとることはお勧めできません。一番よいのは継続的に摂取することです。日本人は平均して一日2,3杯のお茶を飲むようですが、緑茶の産地では10杯以上飲むところもあるようです。